« シンドラーの〇〇〇 | トップページ | たなぼたスカイ・ウォッチャー »

2006/07/07

シ・ネ・マ

結局、6月は映画館に足を運んでないことに気付きました・・ウチでも角川の名作シネマ全集DVDブックを買いつづけてるけど、見るのが追いついてないです・・いかんなあ・・
アミパラ米子には、MOVIX日吉津という松竹系のシネコンが併設されてるのですが、、最近は邦画と韓国映画が増えて、このところ洋モノのラインアップがイマイチでした。MI:3とかポセイドンとか、、どうですかね??
今月は、ゲド戦記とパイレーツオブカリビアンは押さえときたいと思います。

あと、地元で↓こんな作品が見れるらしいんで、チェックしてます。
http://www.civichall.pref.shimane.jp/hall/kodomo/index.html
ただ、土曜日は仕事なんでよっぽど早く切り上げれないと厳しいな・・できればそのまま松江で映画⇒アイマスのコンボかな?


さて、先月の日記で、問題だけ書いて放置してたのがありましたが、、一応、答えを補足しておきます。

【問題】次の洋画の、日本公開時の邦題を答えなさい

【解答】
①The Spitfire Grill
 「この森で天使はバスを降りた」…QMAでも芸Jで出てくるタイトルですが、、すごい意訳です。すいません、ビデオを持ってますが、実はまだ最後まで見てません。。

②Arlington Road
 「隣人は静かに笑う」…『密かに笑う』ではありません!(あれはTV)、ショーシャンクのティム・ロビンスが出演するサスペンス?エンディングがあまりにも…(謎)

③October Sky
 「遠い空の向こうに」…理系の学生・高校生にはぜひ観てもらいたい、感動の実話です! 邦題もいい線いってますが、もともとは「ROCKET BOYS」という題名のNASAのエンジニアの自伝小説で、それが映画では「OCTOBER SKY」というアナグラムになってるわけです。こんなヒネリを日本語に訳すのは無理かも。

④Girl, Interrupted
 「17歳のカルテ」…これもQMA芸タイで出てくるのでお馴染みですね。主役のはずのウィノナ・ライダーを、アジェリーナ・ジョリーが完全に食ってた気ガス。

⑤Enemy at the Gates
 「スターリングラード」…みおさんのコメントの通りです。最初の戦闘シーンが酷い。後半は、ややラブストーリー寄りかな?

⑥Almost Famous
 「あの頃、ペニーレインと」…これも芸連想だったかで主役のケイト・ハドソンを答えさせますね。タイトルは直訳すると、ただ今売り出し中、ってくらいの意味でしょうか。邦題のほうがいい雰囲気ですね。


・・・てことでした。

|

« シンドラーの〇〇〇 | トップページ | たなぼたスカイ・ウォッチャー »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/97105/10812702

この記事へのトラックバック一覧です: シ・ネ・マ:

« シンドラーの〇〇〇 | トップページ | たなぼたスカイ・ウォッチャー »