« もう一度ヨイショ | トップページ | 鳥取にもアンアンを! »

2007/07/17

学ラン1&学ラン4強化

倉敷市について:中国地方の南東部、岡山県の南部に位置する人口約47万人の県下第二位の都市で、市中心部(旧倉敷町の中心地付近)には倉敷川沿いに白壁の町並みと大原美術館が立ち並び、「美観地区」として有名である… Wikipediaより

というわけで??、、今回のフィールドワークは台風もなんのその、倉敷と山陰を中心に、美術館めぐりで見識を深めてきましたよ。

●アンアン
まずは土曜日の深夜。岡山の夜の娯楽事情視察のため、平田食事センター&楽遊楽座へ。さすがに大荒れの天気のせいか人も少なく、すんなりQMAをプレイできました。1時を過ぎて帰ろうと思ったら、Answer×Answerが隣にあるのを発見!!
アンアンを初体験しました♪ が、、


・・・あのー、それで、、めがねっこはドコですか?

あんまり情報を仕入れて無かったので、クイズ形式とかよくわからない面もあったけど、3回やって2回優勝できたので嬉しかったです。てか、異常に回答が早い人が何人かいりして、、あんたら素人じゃないな!?


●倉敷美観地区
日曜日。台風一過というのか、晴天に恵まれて絶好の観光調査日和。立ち並ぶお店の数々にトラップされたり、洒落たカフェで休憩したり、小船で川を遊覧したり、大変満足満足でございました♪
Kura2






●大原美術館
私立だけど日本で最初の西洋絵画美術館だそうです。中国地方ではすごく有名ですが、今回初めて訪れました。芸術的素養のない自分ですが、QMA的に馴染みのある作家の名前がいくつも。エル·グレコ、セガンティーニ、荻原守衛、岸田劉生、小出楢重、三木富雄・・・
「Nの家族」ってこんな絵だったのか。


●アイビースクエア
紡績工場の跡地を利用していろんなショップが入ってました。レンガにツタの洋風建築だけでもナイスですが、オルゴール·ミュゼというところで、オルゴールの演奏会をやってて、素敵でした。お姉さんが一人で館内の案内から、演奏会の司会進行·解説までやってて、ちょっぴり萌え。


●足温泉
岡山北部には、西日本屈指の湯処として知られる美作三湯、湯原·湯郷·奥津の各温泉があります。全国の露天風呂の中でも西の横綱と呼ばれる砂湯に、ぜひ寄ってみたいと思ったのですが、、行ってみると大雨のせいで川が増水中、駐車場が閉鎖されていて、泣く泣く引き返しました。で、代わりに向かったのが、秘湯?「足温泉(たるおんせん)」です。温泉街というようなものは無いけど、立ち寄り入浴できる公営の温泉館があって、なかなか満足でした♪ 露天風呂は混浴じゃなかったけど・・・


●植田正治写真美術館
米子へ移動して月曜日は大山の麓にある写真美術館へ。1995年に開館したそうですが、地元民でも馴染みがまだ薄いかも・・・自分も初めて行きましたが、、、
すごい!こんな美術館が山陰にあったとは驚きです。近場の人はぜひ行け!!

展示内容も良かったけど、建物もよくできていました。時間があったら半日でものんびりしたくなりそうでした。
↓自然と演出のコラボ「逆さ大山」
Ueda







●足立美術館
こちらも、山陰屈指の観光スポット。日本画と庭園で有名です。特に庭園のほうは専門誌の評価で桂離宮を抑えて4年連続1位だってさ。絵のほうは横山大観とか北大路魯山人の陶芸とかがメイン。
QMA的には、川合玉堂、上村松園、前田青邨、鏑木清方、速水御舟、竹内栖鳳とか。帰りにアミパラでQMAをプレイしたら、いきなり学四文字「竹内栖鳳」が出て単独正解♪

それにしても、今回も、らんべえさんの紫宝賢者っぷりに萌え。芸術の道は厳しいなぁ··入門書を読んで勉強します!

|

« もう一度ヨイショ | トップページ | 鳥取にもアンアンを! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/97105/15787917

この記事へのトラックバック一覧です: 学ラン1&学ラン4強化:

« もう一度ヨイショ | トップページ | 鳥取にもアンアンを! »