« 雑学多答 | トップページ | つれづれ »

2008/03/17

ラピュタの力こそ人類の夢だからだ

てわけでー
ラピュタに行ってきました。感動した!

日曜日。ハイシーズンのせいで、またまた岡山から出発。天気が良くて富士山が良く見えました♪
とりあえず午前中はアドアーズ阿佐ヶ谷へ。QMAが1席死亡してました・・昼過ぎから混んできたので、一旦撤収。阿佐ヶ谷駅周辺をぶらぶらしてたら、、ラピュタ阿佐ヶ谷で開催されてるアニメフェスティバルの宣伝フラッグがあちこちに飾られてました。東映動画の長編まんが映画一挙上映という催しで、当日夜の会の上映予定が、名作と名高い太陽の王子 ホルスの大冒険、しかも、高畑勲さんの生出演トークショーがあるとか!これはもう、行くしかー、、と速攻でチケットをゲッツ。売切れ寸前でした、、座席数48に補助席入れて満員御礼状態でした。

夜まで時間があったので、酔狂に高円寺まで散歩したり、お昼ごはんを死ぬほど食べたり、、それから阿佐ヶ谷へ戻ってラピュタへ。なんかもう、それ方面の業界関係者って感じの人が集まってました、、ちょっと場違いかもという雰囲気。あの、青くない一般人ですから。。

ホルスのほうは、初めて見ました、、、これ、40年前に子供向けに上映されたんですか?マジ?どう考えても大人向けだろう、、という印象でした。出だしからいきなり映画的な手法での導入だし、単なるおとぎ話じゃなくて、二面性のあるヒロインとか、集団と個の対立とか、、メッセージ色が強いし。
ていうか、制作スタッフ・声優陣が錚々たるメンバーで、、今だったらどんだけすごいプロジェクトになってることか。

で、上映後の高畑さんのトークショー、、最初、自分たちのすぐ横に来てた人が、どこのおじさんだよって感じで誰だかわからなかったのですが、その方がご本人でしたww
高畑さん自身によるホルスの解説、、とつとつと話だされる感じは最初はとてもそんなすごい人に思えなかったけど、だんだん熱がこもってきて、やっぱりホルスに関してはベトナム戦争とか、労働運動とかの時代背景が思想的に反映されてることを認めてらっしゃいました。 演出とかで恥ずかしい部分もあるけど今でもこの作品を愛してるんだなーということが伝わるお話でした。
新作についても詳しくは話せないみたいですが進行中のようでした。
んー、とにかく良かったです。


Dscn8436

|

« 雑学多答 | トップページ | つれづれ »

コメント

小学校低学年くらいの頃に、TVでやってたのを観た記憶がおぼろげに残っているだけです。
機会があればきちんと見てみたいですねー。

投稿: たたみん | 2008/03/20 17:51

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 雑学多答 | トップページ | つれづれ »