« (亜美真美) 十勝尽くしで♪ | トップページ | (Samwise Gamgee) Well, I'm back. »

2009/05/15

(野村真紀子) 『わたしはまりも』

…東京湾晴海ふ頭で男の死体が見つかった。状況から殺人事件とみて部下の黒木とともに捜査を開始した私は、被害者の身元が釧路市緑ヶ丘在住の増田文吉であることを突き止め、北海道へ飛んだのだった。。。

てなわけで?今回の旅の二つめのミッションは、オホーツクに消ゆ現場検証ツアー、なのでしたww 自分にとって北海道の地理に関する知識の大半は、このゲームから来てるといって過言ではないかも。 プレイしたことがあるのはオリジナルのPC6001版とPC98リメイク版、それとauアプリですが、、やはりPC60版にいちばん愛着があります。ビデオ発色性能を逆手にとった鮮やかな緑とピンクの擬似4色カラーと、ハッピーなエンディング曲は今でも覚えています、、


まずは阿寒湖方面から調査開始。平日の午後、小雨ぱらつく悪天候で湖は霧に煙っているし、ほとんど観光客もいなくて閑散とした感じ・・お土産に、まりもっこりグッズだけ買って早々に退散しました。そのままさらに東へ、弟子屈経由で摩周湖へ。クルマも少なくてすいすい運転できましたが、途中で何度も鹿を見かけては停まったりUターンしたりで結構時間がかかりました。摩周湖はさらにすごい霧で、視界がほとんど利かない状態。徐行運転しててもこわいくらい。第一展望台の駐車場は¥410とられました、、係のおばちゃんが、さすがに島根ナンバーを見て気の毒に思ったのか、こんな天気だから明日もう1回きてくれたら(ほんとはいけないんだけど)特別にタダになるよう事情を話しておくわ、、と言ってくれましたが。湖面なんて当然見えず。(´・ω・`)

※霧の阿寒湖
Lk_aka

Mokkori





※濃霧の摩周湖・・・心眼で見れる!?
Lk_msh




日も暮れそうになったので、さらに硫黄山(アトサヌプリ)経由で屈斜路湖へ、、砂浜を掘ると温泉が出るという砂湯がありました。 時刻も午後5時過ぎてて、ここも誰もいない。勝手に足湯に浸かって、しばし湖面を眺めてぼーっとしてました。 オホーツクに消ゆ後期版では、この付近でめぐみ嬢のフヒヒな姿が見れたはずだけど・・


※文字通り硫黄を含む火山ガスで、臭かったです!
Mt_iwo





※クッシーいないよ、、
Lk_kushi

Ashiyu




4日目。やはり摩周湖を見れなかったのが心残りで、早朝にホテルを出発してリベンジ。まずは中標津のミルクロードという酪農地帯の一本道を通って、開陽台という展望台へ。根釧原野をほぼ360度ぐるりと見渡せるという大パノラマで感激。やっぱりでかいぜ北海道。そのまま摩周湖の東側を目指してGO! 前日訪れた西側の展望台と違って、東側にある裏摩周展望台は、霧に覆われる確率が少ないと聞いて。ビンゴ!ようやく目にすることができました。

※左の山はカムイヌプリ(神の山)、湖中はカムイシュ島
Lk_uramsh1_2





今度は進路を北へ。1時間ほど走ると、ついに眼前はオホーツク海です。小清水原生花園という公園でしばし休息のあと、網走へ。

※原生花園にて:なんかいい感じの駅にちょうど電車が。
Gensei





網走に入って、まずはパロ網走でクマーキング。ここって現時点での最北端QMA設置店ですよね?よね?? 昔は稚内にもあった(光速憧路だっけ?)らしいけど、、これであと残すは沖縄だけか、、まあそのうちそのうち。

※網走というえば、もちろんここ↓ 中国人観光客多数、、
Pr_aba3

Pr_aba4





話に聞くとおり、刑務所作業製品展示場というのがあったので記念に。

※この人形、泣いてるように見えます・・浦田甚五郎作か??
Nipopo1_2

Nipopo2






名残惜しいですが午後になってから帰還開始。北見でもクマーキング1クレのあと、石北峠→大雪国道を通って旭川紋別自動車道へ。この途中、峠付近から層雲峡のあたりは雪が吹雪いてました(@@; 路面は積雪はしてなかったけど、、さすが北海道・・
高速に乗ってからは苫小牧まで単調なドライブ。今回は旭川・札幌ともスルーで。ちらりと夜景は見たけど、、いつでも来れそうだし。
フェリーの時間までキャッツアイ苫小牧でしばらくクマー。早めに撤収しましたけど。行きと違って、帰りは新日本海フェリーを利用することにしましたが、、この会社の発着場は苫小牧東港(周文埠頭)で、苫小牧市街から30kmくらい離れています。高速に乗る必要あり。知らなかったらパニくるところでした。


※※おまけ:途中にあった牧場の看板・・でかいです!!
Ushi






4日目のマイレージ: 532km

|

« (亜美真美) 十勝尽くしで♪ | トップページ | (Samwise Gamgee) Well, I'm back. »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« (亜美真美) 十勝尽くしで♪ | トップページ | (Samwise Gamgee) Well, I'm back. »